甲府地区広域行政事務組合

甲府市、甲斐市、中央市、昭和町の3市1町が設置している組合です

平成23年度ふるさと市町村圏事業の実施状況

   

第15回「ふるさと絵画コンクール」の実施

圏域住民の相互理解と一体感を醸成することを目的に、小中学生を対象とした「第15回ふるさと絵画コンクール」を実施した。 なお、応募締切は平成23年9月8日までとし、作品選考委員会(委員会構成は組織市町の美術教師3名とした。)で選考のうえ、次のとおり優秀作品の応募者 を表彰した。 応募総数1,839点(小学生1,255点、中学生584点)の中から選考

各賞 最優秀賞 12点 賞状・賞品
優秀賞 15点
佳 作 30点

応募者全員に記念品

表彰式 平成23年11月18日(金)午後4時
甲府地区広域行政事務組合3階講堂
事業費 1,626,223円

※なお、最優秀賞など入賞作品掲載の絵画カレンダーを作成し、入選者及び関係機関へ配布した。 また、入賞作品57点を圏域内市町において巡回展示を行った。 (平成24年1月11日から平成24年3月7日まで)

親子防災体験研修の実施

圏域内住民(親子)を対象に、地震等模擬災害の体験学習を通じて災害発生時に備えるための技術、及び行動力を学ぶとともに、少年期から自主防災意識の向上を図ることを目的とし、防災センター及び消防博物館への視察研修会を実施した。

実 施 日 平成23年8月20日(土)
研修場所 東京消防庁立川都民防災教育センター 立川防災館 第八本部ハイパーレスキュー隊
参加者数 55名
事 業 費 288,930円

ふるさと再発見ツアーの実施

ふるさと意識の醸成と併せて圏域内住民の交流による新たな郷土愛の醸成を図るため、圏域内住民を対象に組織市町の広報誌を通じて参加を募集し、各市町の史跡、施設等の相互訪問を行った。

日  時 平成23年10月15日(土)
訪問場所 蓮華山 正法寺、道の駅とよとみ、山県大弐と山縣神社、甲府城、県立博物館
参加者数 77名
執行経費 355,060円

組合ホームページ構築による情報発信の実施

圏域内住民に甲府地区広域行政事務組合で行っている事業等について理解していただくため組合ホームページを構築し、平成19年8月29日から運用を開始し、組合情報の発信を行っている。

執行経費 1,442,700円

甲府広域観光パンフレットの配布

甲府広域内の各市町の史跡・名勝などを掲載した観光パンフレットを作成し、構成市町等を通じ配布し、NHKの大河ドラマ「風林火山」の放送にあわせ圏域が一体となった観光PRを行った。 甲府広域観光ガイドパンフレットはこちら

広報誌の相互利用の実施

圏域構成市町の行政情報、各種イベント情報、広域事業等を広報誌を相互利用して、住民への周知を図り、住民への理解及び参加を求めた。

視聴覚ライブラリー事業への繰り出し

ふるさと市町村圏事業と視聴覚ライブラリー事業の圏域統一に併せ、組織市町に負担軽減を図るため、視聴覚ライブラリー事業をふるさと市町村圏事業に位置づけ、視聴覚ライブラリー教材・機材等の購入、貸出し等及び16ミリ映写機操作技術講習会等に係る経費について視聴覚ライブラリー事業特別会計へ繰出しを行 なった。 執行経費 円  

 - 事業報告